善玉菌のエサになるオリゴ糖

便秘は腸内環境と密接な関係があります。何百兆個、難百種類という細菌が腸内には生息しており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けられます。善玉菌が優位な状態が保たれていると便秘や下痢になることはありませんが、日和見菌まで加わって悪玉菌の方が多く増殖すると、腸内環境が乱れて正常な排便ができなくなります。悪玉菌は、肉類などに含まれるたんぱく質やアミノ酸などをエサとして増殖して、腸内をアルカリ性にしてしまう性質があります。腐敗した便が長く腸内に留まることから、有毒物質を生成するとともに、便の排出が滞ってしまいます。

善玉菌は、飲料などでもおなじみの乳酸菌やビフィズス菌がその代表的なものとなり、糖類を栄養分としてその働きを発揮します。乳酸や酢酸を生成して腸内を弱酸性に保ち、正常な便通を促してくれます。善玉菌が増殖し、活発にその力を発揮するためには、エサとなる糖類が必要です。さまざまな種類がある糖類のなかでも、オリゴ糖が注目されているのは、砂糖などに比べて難消化性であるため、胃や小腸で消化、吸収されず、善玉菌が生息する大腸まできちんと到達することができるため、有益なエサとなり得るからです。便秘の解消に安全、安心な補助食品としておすすめです。

赤ちゃんにもいいオリゴ糖

生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内細菌の99%が善玉菌で占められている状態ですが、3日も経つと徐々に悪玉菌が増殖していきます。母乳やミルクしか飲まない赤ちゃんは、1日に4~5回、柔らかい便を排出するのが普通です。便の色や固さで赤ちゃんの健康状態を測ることは昔も今も変わらず行われています。しかし、赤ちゃんでも便秘になることがあり、1日の排便量が減少したり、便が固くなったりすることもあります。健康な状態であれば、いつ排便したかわからず、臭いで判断するくらいですが、便秘になると、いきむ際に顔を真っ赤にして力を入れたり、排便時に泣いて不快感を表したりすることがあります。

寝ることが仕事の赤ちゃんは、運動らしい運動ができないので、赤ちゃんの脚をもってぶらぶらと動かしてあげたり、優しくお腹をさすってあげたりするだけでも便秘の解消になることがあります。しかし、日常的に便秘が起こるようであれば、腸内環境を整えることを考えなければなりません。善玉菌のエサとなり、腸内細菌のバランスを整えてくれると評判のオリゴ糖は、母乳にも含まれる自然な栄養素であるため、赤ちゃんにも安心して摂取させることができます。実際、母乳で育てられている赤ちゃんは、粉ミルクを飲む赤ちゃんよりも1日の排便回数が多いことも明らかになっています。

女性に多い機能性便秘

特に臓器や器官などに異常がないのに正常なペースで排便できない機能性便秘には、3つのタイプがあります。弛緩性便秘は、大腸の筋肉が緩んでしまうことが原因として起こるもので、高齢者や女性、運動不足の方に多いタイプのものです。腹筋が弱いこともひとつの特徴で腸のぜん動運動が正常にできない場合が多いようです。麻痺性便秘は、弛緩性便秘の真逆の症状で、腹筋運動やぜん動運動が激しく起こり過ぎて常に痙攣しているような状態が続くことが原因となるものです。ストレスや自律神経の乱れなどが影響するもので、近年、このタイプの便秘で悩む方が増加しています。

直腸性便秘は、習慣性便秘とも呼ばれるもので、人目を気にしたり、仕事など忙しかったりして、トイレに行くことを我慢してしまうことが原因となるものです。最近では、学校で排便できない子どもも問題となっていますが、直腸まで便が到達していて、便意をもよおしているのに正常に便を排出できないという状態が慢性的に続くようになってしまいます。これらの機能性便秘を解消するためには、食生活の見直しや生活習慣の改善などが求められます。便秘薬は一時的な効果しかないため、日常的に頼ると便秘薬がなくては排便ができない依存症に陥ってしまいます。乳酸菌やオリゴ糖など、体や健康にいい食品を摂取して改善することをおすすめします。

女性の便秘のタイプとオリゴ糖

便秘に悩む人のなかで圧倒的に多いのが女性です。便秘の症状の特有なものとして、お腹の張りや腹痛、吐き気や倦怠感などがありますが、女性にとっては大敵となる肌荒れや吹き出物の原因にもなります。テレビのCMでも女性を起用したものや女性を意識したパッケージを用いた便秘薬の宣伝が目立っており、いかに便秘で悩む女性が多いかを物語っています。女性の便秘は、ホルモンバランスや生理との関係も深いこと、ダイエットに取り組んでいるため、食事の量そのものや食物繊維が不足することなども影響していると考えられています。また、腹筋が男性に比べて弱いこともあり、腸のぜん動運動によって排便が促されることも少なくなる傾向があります。

便秘には、大きく分けて、器質性便秘と機能性便秘の2つのタイプがあります。器質性便秘は、胃や小腸、大腸や肛門など、体の機能に何らかの異常があったり、大腸に疾患があったりすることが原因となって正常に排便ができないものです。先天性の形質異常が認められる場合もあり、食生活の改善や運動など、自らの努力では解決できないことが多いため、灰段階で病院を受診することが大切です。一方、機能性便秘は、特に体に異常がないのに便秘の症状が起きるもので、便秘に悩む方のほとんどがこちらのタイプと言えるでしょう。生活習慣の改善や乳酸菌、オリゴ糖などの摂取によって解消することもできるので、基本的なことについてきちんと理解しておくことが大切です。