赤ちゃんにもいいオリゴ糖

生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内細菌の99%が善玉菌で占められている状態ですが、3日も経つと徐々に悪玉菌が増殖していきます。母乳やミルクしか飲まない赤ちゃんは、1日に4~5回、柔らかい便を排出するのが普通です。便の色や固さで赤ちゃんの健康状態を測ることは昔も今も変わらず行われています。しかし、赤ちゃんでも便秘になることがあり、1日の排便量が減少したり、便が固くなったりすることもあります。健康な状態であれば、いつ排便したかわからず、臭いで判断するくらいですが、便秘になると、いきむ際に顔を真っ赤にして力を入れたり、排便時に泣いて不快感を表したりすることがあります。

寝ることが仕事の赤ちゃんは、運動らしい運動ができないので、赤ちゃんの脚をもってぶらぶらと動かしてあげたり、優しくお腹をさすってあげたりするだけでも便秘の解消になることがあります。しかし、日常的に便秘が起こるようであれば、腸内環境を整えることを考えなければなりません。善玉菌のエサとなり、腸内細菌のバランスを整えてくれると評判のオリゴ糖は、母乳にも含まれる自然な栄養素であるため、赤ちゃんにも安心して摂取させることができます。実際、母乳で育てられている赤ちゃんは、粉ミルクを飲む赤ちゃんよりも1日の排便回数が多いことも明らかになっています。