善玉菌のエサになるオリゴ糖

便秘は腸内環境と密接な関係があります。何百兆個、難百種類という細菌が腸内には生息しており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類に分けられます。善玉菌が優位な状態が保たれていると便秘や下痢になることはありませんが、日和見菌まで加わって悪玉菌の方が多く増殖すると、腸内環境が乱れて正常な排便ができなくなります。悪玉菌は、肉類などに含まれるたんぱく質やアミノ酸などをエサとして増殖して、腸内をアルカリ性にしてしまう性質があります。腐敗した便が長く腸内に留まることから、有毒物質を生成するとともに、便の排出が滞ってしまいます。

善玉菌は、飲料などでもおなじみの乳酸菌やビフィズス菌がその代表的なものとなり、糖類を栄養分としてその働きを発揮します。乳酸や酢酸を生成して腸内を弱酸性に保ち、正常な便通を促してくれます。善玉菌が増殖し、活発にその力を発揮するためには、エサとなる糖類が必要です。さまざまな種類がある糖類のなかでも、オリゴ糖が注目されているのは、砂糖などに比べて難消化性であるため、胃や小腸で消化、吸収されず、善玉菌が生息する大腸まできちんと到達することができるため、有益なエサとなり得るからです。便秘の解消に安全、安心な補助食品としておすすめです。